2月12日(月)、23日(金)は休診いたします。

冷え性を食べ物で改善させる方法

院長ブログ

前回は冷え性で運動を改善する方法をお伝えしました。

今回は食べ物・飲み物で冷え性を改善する3つのポイントをお伝えします。

ぜひ最後までご覧ください。

冷え性の方に当てはまるのは

・お風呂に入った後なのにすぐ冷える

・寒いわけじゃないのに手足が冷える

・布団に入っても手足が冷えて眠れない

・便秘や下痢になりやすい などの症状です。

食べ物や飲み物で冷え性になる?

飲食では冷たいものやカフェイン、夏野菜、上白糖などは内臓を冷やしてしまいます。内臓が冷えてしまうと体の体温調整を狂わせてしまいます。そうなることで、冷え性になってしまいます。偏った食事や暴飲暴食も身体を冷やす原因となります。

案外冷やすものが多くてびっくりしてしまいますね。私も以前は冷やすものばかり食べていました。

そこで身体を温める3つのポイントをお伝えします。

冷え性を改善させる3つのポイント(食べ物・飲み物編)

①冬の野菜

大根や白菜、春菊、ネギ、ニンジン

冬の野菜は体を内から温める効果があります。冬場は鍋にして野菜をたくさん摂ることを心がけてみてください。

②発酵食品

納豆、キムチ、味噌汁、甘酒

発酵食品には体を温める作用があります。腸内環境も良くなり、免疫力も高まります。

③温かい飲み物

ココア、味噌汁、甘酒、生姜湯

これらの飲み物は体を芯から温めます。寝る少し前に飲んでも効果的です。ゆっくりとリラックスする効果もあります。

これらは体を温めてくれる食べ物や飲み物です。その反対に体を冷やしてしまうものもあるので、摂りすぎていないか是非参考にして下さい。

体を冷やしてしまう食べ物・飲み物

カフェインを含んでいるもの:コーヒー、緑茶

夏の食べ物:キャベツ、きゅうり、なす、トマト、バナナ、オレンジなど

少しずつでも大丈夫

いかがでしたでしょうか。全部を行うことは難しいですが、少しでも心がけるだけで冷え性が予防・改善できます。人の身体は飲食物で左右されますので、一度見直してみてはいかがですか。

これらを試しても、食べ物や飲み物でも冷え性が良くならなくてお困りであれば、ぜひ当院にお越しください。

当院でも冷え性の治療を行っておりますので、きっとお役に立てるはずです。

柔道整復師・鍼灸師 山田祥二

やまだ鍼灸整骨院077-543-5033住所
〒520-2152
滋賀県大津市月輪5丁目16-6


受付時間
月火木金 9:00~20:30
水土   9:00~13:30
日、祝  休診

お問い合わせ
logo

〒520-2152
滋賀県大津市月輪5-16-6
TEL 077-543-5033
FAX 077-543-5033
受付時間 9:00~21:00
     月火木金
     9:00~13:30
     水土
     日、祝  休診

院長ブログ
やまだ鍼灸整骨院

コメント