2月12日(月)、23日(金)は休診いたします。

朝の一歩目のかかとの痛みに効果的なストレッチ3選

院長ブログ

はじめに

こちらをご覧のあなたは「朝起き上がって一歩目でかかとが痛い」とお悩みでしょうか。

「歩いていたら痛みがなくなってくるけど、イスに座っていた後、歩き出した時も痛い」ともお悩みかもしれません。

毎日このような痛みが続くと、いつ治るのか不安になりますね。

当院でもそんなかかとの痛みでお悩みの患者様がおられます。

今回は、朝の一歩目のかかとの痛みに効果的なストレッチについて書かせていただきました。もし朝の一歩目のかかとの痛みでお悩みであれば、このブログがお役に立てるかもしれません。イスから立ち上がって歩き出した時の痛みにも効果的です。

ぜひお時間のある時にご覧いただければ幸いです。

かかとの痛みについて

かかとの痛みで代表的なものに「アキレス腱付着部炎」があります。これはアキレス腱がかかとの骨(踵骨)につくところで炎症を起こしています。この場合、朝の歩き出しや、座ってからの歩き始め、走り出した時にかかとが痛むことが特徴です。

炎症が長引くと、骨のトゲ(骨棘)ができることもあります。

なんで一歩目が痛くなるの?

筋肉のかたさ

足の冷えや長時間歩きすぎ、スポーツでの筋疲労により筋肉がかたくなってしまいます。筋肉がかたくなるとアキレス腱の付着部に負担がかかり、その結果炎症が起こり痛みを引き起こします。

ゆがみ

股関節や膝、足首にゆがみがることで、足を着地した時にかかとに負担がかかってしまいます。継続的に負担がかかり続けると、そこで炎症が起こり痛みを引き起こします。

足に合わない靴や、履き潰してしまった靴はかかとに負担を与えます。そのまま履き続けることで、かかとに負担がかかり痛めてしまいます。

今回は筋肉のかたさに着目して、効果的なストレッチ3選をご紹介します。

朝の一歩目のかかとの痛みに効果的なストレッチ3選

①太ももの後ろのストレッチ

手順1:足を前後に開きます。

手順2:後ろの膝を曲げます。

手順3:そのまま前に倒れていき、太ももの後ろが気持ちよく伸びたところで30秒キープしてください。

左右行っていただくと効果的です。

②ふくらはぎのストレッチ

手順1:足を前後に開きます。

手順2:前足の膝をゆっくり曲げていき、後ろのふくらはぎが気持ちよく伸びたところで30秒キープしてください。

左右行っていただくと効果的です。

③足裏のストレッチ

手順1:座って足を横に向けます。

手順2:手で足の指を上向きにそらせて30秒キープしてください。

左右行っていただくと効果的です。

まとめ

ストレッチを続けてみて、もし効果がなければ他に原因があるかもしれません。そんな時は一度お近くの治療院を受診してみてください。

当院でもかかとの痛みに対する治療をおこなっております。

このブログが、かかとの痛みでお悩みの方のお役に立てれば幸いです。

柔道整復師・鍼灸師 山田祥二

logo

〒520-2152
滋賀県大津市月輪5-16-6
TEL 077-543-5033
FAX 077-543-5033
受付時間 9:00~21:00
     月火木金
     9:00~13:30
     水土
     日、祝  休診

院長ブログ
やまだ鍼灸整骨院

コメント