2月12日(月)、23日(金)は休診いたします。

女性が肩こりになりやすい原因と改善させる3つのポイント

院長ブログ

先日このようなご相談をいただきました。

「肩こりで悩んでいるんですけど、女性に多いのはなぜですか?対処法ってあるんですか?」とおっしゃられていました。

肩こりでお悩みの女性は多いですね。国民生活基礎調査でも、肩こりが女性のお悩みの中で1位です。

今回は女性に多い肩こりの原因と改善させる3つのポイントについてお伝えします。

この記事を読むことで、肩こりの対処法を身につけることができるのではと考えております。

お時間のある時にぜひご覧ください。

女性が悩む肩こりの原因

・肩の筋肉が小さい

女性は男性と比べると筋肉の量が小さくなります。うでの重さを支える筋肉が小さいほど、疲労しやすい状態になり肩こりになりやすくなるとのデータもあります。

・冷え性がある

冷え性でお悩みの女性は多いですね。肩が冷えることで血流が悪くなりかたくなります。そうなることで肩の痛みやこりを感じます。

・胸郭が狭い

胸郭は男性が広く、女性が狭い傾向にあります。胸郭が狭いと肩が前に出やすくなり、巻き肩の原因になります。

骨格はどうしようもありませんが、姿勢はポイントをおさえることで改善できます。肩こりをやわらげる3つのポイントをぜひお試しください。

肩こりをやわらげる3つのポイント

①背中ストレッチ

手順1:座ったまま背中をまっすぐに伸ばしてください

手順2:腰の後ろで手を組んで、胸を張ります

手順3:組んだ手を下に押し下げて、さらに胸を張ります。その状態で30秒伸ばしてください

仕事の休憩中やお風呂で行うと効果的です。

②姿勢改善ストレッチ

手順1:椅子にリラックスして、手のひらを上に向けた状態で座ります

手順2:脇を閉めて、ひじを後ろに引きます。そこから腕を外にひらきます

手順3:そのまま頭を上にむけて10秒止めます。そして頭を戻し、腕も元の姿勢にもどします

この運動を行うときは、肩をリラックスして、ゆっくり行ってください。3回ほど行うと、姿勢が良くなっていることがわかるはずです。

③肩のトレーニング

手順1:500mlのペットボトル(写真はダンベル)を両手に持ち足を肩幅にひらきます

手順2:背中をまっすぐにした状態で肩を上に引き上げます(2秒)

手順3:そのままゆっくりと下ろします

手順1~3までの動作を10回行ってください。

※ポイント:肩に力が入っていることを意識しましょう。うでに力を入れないようにしてください。

それでもお困りであれば

3つのポイントを続けることで、肩こりがやわらぎ、改善されます。もし試してみても効果がわからない、肩こりでお悩みであればご相談ください。当院では肩こりに対して鍼灸治療をおこなっております。かたい筋肉に直接アプローチをおこなうことで、肩こりをやわらげることもできます。それから3つのポイントを始めてみるのも効果的です。

柔道整復師、鍼灸師 山田祥二

やまだ鍼灸整骨院077-543-5033住所
〒520-2152
滋賀県大津市月輪5丁目16-6


受付時間
月火木金 9:00~20:30
水土   9:00~13:30
日、祝  休診

お問い合わせ
logo

〒520-2152
滋賀県大津市月輪5-16-6
TEL 077-543-5033
FAX 077-543-5033
受付時間 9:00~21:00
     月火木金
     9:00~13:30
     水土
     日、祝  休診

院長ブログ
やまだ鍼灸整骨院

コメント