2月12日(月)、23日(金)は休診いたします。

「歩いていると左ひざの外側が痛くなってくる」50代男性の改善例

院長ブログ

「歩いていると左ひざの外側が痛くなってくる。散歩に行くのがつらい」そうお悩みを訴えられた50代男性の患者さんがおられました。

ご相談いただいた時には、左ひざ外側の痛みだけではなく、歩いているとたまに”カクン”と力が抜けるような感じになるとおっしゃられていました。

こんにちは。滋賀県大津市でやまだ鍼灸整骨院を開業しております、山田祥二です。

今回は、左ひざの痛みでお悩みの患者さんが鍼治療と整体により改善された事例について書かせていただきました。

もし、似たような症状でお悩みであれば、このブログがお役に立つかもしれません。

ぜひお時間のある時にご覧いただければ幸いです。

「歩いていると左ひざの外側が痛くなってくる」

「歩いていると左ひざの外側が痛くなってくる」とお悩みを訴えられている患者さん。

もう少し詳しくお話をお聞きすると、二週間ほど前から散歩中に徐々に左ひざの外側が痛くなってきたそうです。その時は痛みが我慢できたため、散歩を続けていると、10日ほど前からひざの痛みがひどくなり、それとともに”カクン”と力が抜けるような感じにもなってしまい散歩に行くのもつらくなってしまったとのことでした。

ひざが痛くなる前は一週間に5回、40分ほど散歩されていたそうです。

二週間前にひざに痛みを感じた時から、YouTubeで調べた股割りのストレッチをされていたとのこと。

痛みがひどくなってからは痛み止めを毎日飲まれていました。

それでも散歩するのがつらくなってしまったひざの外側の痛み。

一体なぜひどくなってしまったのでしょうか。

ひざの外側を痛めてしまう原因

ひざの外側を痛めてしまう代表的な原因としては

・筋肉のかたさ

・内半膝(O脚)

・回内足(かかとの骨が外側に傾いてしまっている)などがあります。

当院に来られた患者さんは股割りのストレッチはされていましたが、他に原因があるのではと考え、お体の状態を検査させていただきました。

すると・・・

・お尻の筋肉のかたさ

・太もものうしろの筋肉のかたさ

・ひざ、股関節の動きの左右差 がひざの外側の痛みを引き起こしているのではないかということががわかりました。

患者さんには原因ではないかと思われるところと、それを改善させるための治療方針を説明。納得いただき治療を施しました。

当院の治療

今回の患者さんへの治療としては、かたくなってしまっているお尻と太ももまわりの筋肉を鍼でやわらかくしました。そうすることで、体の動きがスムーズになりひざや股関節にかかる負担を減らし、症状の改善と悪化の防止になります。

次に整体でひざと股関節の左右差を整えました。

人間であれば体に左右差は必ずあります。ですが、その左右差が大きくなりすぎることで負担のかかり続ける場所が出てきてしまいます。

負担が続くことで体に痛みを引き起こします。

ですので、整体によって過度な左右差を整えることで痛みの出ているところの負担を減らし、かつ痛めにくい状態を作り出すようにしました。

最後にテーピングでその状態がキープできるようにさせていただき、日常生活で下記のようなストレッチをご提案させていただきました。

ひざの外側の痛みに効果的なストレッチ

お尻のストレッチ

手順1:仰向けに寝ます。

手順2:伸ばしたい側の股関節と膝を90度に曲げます。

手順3:そのまま反対に倒します。肩は床についたまま行ってください。

手順4:お尻が伸びているのを意識できたら、そのまま30秒キープします。

このストレッチを1日2回行います。

太ももの付け根のストレッチ

手順1:仰向けに寝ます。

手順2:伸ばしたい側の足のひざを立てます。

手順3:反対の足をひざの上に置きます。

手順4:ひざの上に置いた足の力で、下の足を反対に倒していきます。

手順5:この部分が伸びているのを感じたら、そのまま30秒キープしてください。

このストレッチを1日2回行います。

太ももの後ろ

cof

手順1:椅子に座ります。

手順2:伸ばしたい脚を前にし、反対の足は曲げておきます。

手順3:伸ばした足先に手を近づけて行きます。

手順4:太ももの後ろが伸びるのを感じたら30秒キープします。

このストレッチを1日2回行います。

これらを治療とともになるべく毎日行っていただきました。

すると二週間、治療3回でほぼひざの痛みがなくなり、以前のように散歩に行けるようになったとお喜びいただけました。

今では月に一回のメンテナンスで良い状態をキープされていて、散歩も気持ちよくできるとおっしゃられていました。

まとめ

今回の患者さんのように、ひざの外側の痛みで散歩がつらい、歩くのがつらければ一度お近くの鍼灸院、整骨院などの治療院に相談してみてください。

もし相談する鍼灸院、整骨院などの治療院が見つからなければ、当院でもご相談を受け付けおりますのでお気軽にご相談ください。

この度のブログがひざの痛みでお悩みの方のお力になれれば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

柔道整復師・鍼灸師 山田祥二

やまだ鍼灸整骨院077-543-5033住所
〒520-2152
滋賀県大津市月輪5丁目16-6


受付時間
月火木金 9:00~20:30
水土   9:00~13:30
日、祝  休診

お問い合わせ

やまだ鍼灸整骨院077-543-5033住所
〒520-2152
滋賀県大津市月輪5丁目16-6


受付時間
月火木金 9:00~20:30
水土   9:00~13:30
日、祝  休診

お問い合わせ
logo

〒520-2152
滋賀県大津市月輪5-16-6
TEL 077-543-5033
FAX 077-543-5033
受付時間 9:00~21:00
     月火木金
     9:00~13:30
     水土
     日、祝  休診

院長ブログ
やまだ鍼灸整骨院

コメント