2月12日(月)、23日(金)は休診いたします。

熱中症の症状を知って、暑い夏を安全に過ごすコツ

院長ブログ

はじめに

こんにちは、滋賀県大津市のやまだ鍼灸整骨院の山田祥二です。

もうすぐ梅雨、日中は暑い日も続きますね。

そんな中、ちらほら熱中症で搬送されたとのニュースも聞きます。

これからの時期、暑さによる体調不良に注意が必要なのが熱中症です。熱中症は体温調節のみだれにより、様々な症状が現れるます。

そこで今回は、熱中症の症状についてブログを書かせていただきました。早めに熱中症の症状について知ることで、安全に暑い夏を過ごしていただければと思います。

ぜひお時間のある時にご覧いただければ幸いです。

熱中症とは

熱中症(ねっちゅうしょう)とは、高温環境下での長時間の暴露や過度な運動によって体温調節がみだれ、体のなかに熱がこもってしまい、体温が上昇して起こる症状のことを指します。

熱中症は、気温や湿度が梅雨、夏の季節に特に注意が必要です。

熱中症の症状について

【 1.軽度熱中症の症状】

軽度の熱中症では、以下のような症状が現れることがあります。

  • 疲労感やだるさ
  • 頭痛、めまい
  • 汗が多く出る
  • のぼせ感や顔のほてり
  • のどの渇きや口の乾き

対策:これらの症状が現れた場合は、すずしい場所で早めに休息を取り、体温を下げるようにしましょう。

【2. 中等度熱中症の症状】

中等度の熱中症では、軽度の症状に加えて次のような症状が現れることがあります。

  • 高体温(38度以上)
  • 激しい頭痛やめまい
  • 激しいのどの渇き
  • 脱水症状(口や皮膚が乾いている)

対策:中等度熱中症では、冷たい水やスポーツドリンクをこまめに摂取し、すずしい場所で安静に過ごすことが重要です。また、専門医の診察を受けることもおすすめです。

【3. 重度熱中症の症状】

重度の熱中症は緊急を要する状態であり、以下のような症状が現れます。

  • 意識の混乱や錯乱
  • ひどい頭痛やめまい
  • 嘔吐や下痢
  • 汗がほとんど出ない
  • 高体温(40度以上)

対策:重度熱中症では、速やかに医療機関を受診し、専門的な治療を受ける必要があります。熱中症は命に関わる危険な状態ですので、すぐに医療機関を受診してください。

熱中症予防のポイント

熱中症を予防するために日頃から以下のポイントに注目してみてください。

  • こまめに水分補給を行う。
  • 適度な休息を取り、すずしい場所で過ごす。
  • 服装と日焼け対策をする。
  • 適度な塩分を摂取し、バランスの取れた食事を心掛ける。

これらの対策を実践することで、熱中症のリスクを減らすことができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は熱中症の症状を知って、暑い夏を安全に過ごすコツについてブログを書かせていただきました。

熱中症は夏の代表的な症状であり、早期の対応が重要です。症状が現れた場合は、早めに医療機関を受診してください。

また、日頃から予防策をしっかりと実践し、安全で健康な夏を過ごしましょう。

もし気になることがあれば、LINEからお気軽にご相談ください。

友だち追加

最後までご覧いただきありがとうございました。

柔道整復師・鍼灸師 山田祥二

やまだ鍼灸整骨院077-543-5033住所
〒520-2152
滋賀県大津市月輪5丁目16-6


受付時間
月火木金 9:00~20:30
水土   9:00~13:30
日、祝  休診

お問い合わせ
logo

〒520-2152
滋賀県大津市月輪5-16-6
TEL 077-543-5033
FAX 077-543-5033
受付時間 9:00~21:00
     月火木金
     9:00~13:30
     水土
     日、祝  休診

院長ブログ
やまだ鍼灸整骨院

コメント