2月12日(月)、23日(金)は休診いたします。

軽度の熱中症になってしまった時はどうすればいいの?軽度の熱中症の症状別の対策について

院長ブログ

はじめに

こんにちは、滋賀県大津市のやまだ鍼灸整骨院の山田です。

前回は熱中症の症状についてブログを書かせていただきました。

前回のブログはこちら⇩

今回はその中でも軽度の熱中症の症状と、症状別の対策についてご紹介させていただきたいと思います。

このブログをご覧いただくことで、これから増えてくる熱中症への対策ができます。

ぜひお時間のある時にご覧いただければ幸いです。

熱中症とは

熱中症(ねっちゅうしょう)とは、高温環境下での長時間の暴露や過度な運動によって体温調節がみだれ、体のなかに熱がこもってしまい、体温が上昇して起こる症状のことを指します。

熱中症は、気温や湿度が梅雨、夏の季節に特に注意が必要です。

軽度の熱中症の症状について

軽度の熱中症では、以下のような症状が現れることがあります。

1)疲労感やだるさ

2)頭痛、めまい

3)のぼせ感や顔のほてり

4)のどの渇きや口の乾き

これらは症状によって異なる対策が必要です。

以下にまとめましたので、ご覧ください。

軽度の熱中症の症状別の対策

1)疲労感やだるさ

疲労感やだるさを感じた場合の対策は以下の通りです。

・適度な休息を取る:体力に合わせて適度に休息を取りましょう。夏場は冬場よりもこまめに休憩してください。

・涼しい場所で過ごす:屋外の場合は木陰、室内の場合は風の抜ける場所で過ごすと体温を下げることができます。

2)頭痛やめまい

頭痛やめまいを感じた場合の対策は以下の通りです。

・水分補給をする:頭痛やめまいは脱水症状の一つです。スポーツドリンクや経口補水液など、こまめな水分補給を心掛けましょう。

・冷却対策をする:首や手首などの血管が集中している部分に冷たいタオルや氷を当てることで、体温を下げることができます。

3) のぼせ感や顔のほてり

のぼせ感や顔のほてりを感じた場合の対策は以下の通りです。

・室内で過ごす:屋外の直射日光を避けて、室内で涼しい場所にいることが重要です。

・頭や首を冷やす:冷たいタオルや氷で頭や首を冷やすことで、体温を下げることができます。

4) 喉の渇きや口の乾き

喉の渇きや口の乾きを感じた場合の対策は以下の通りです。

・水分補給をする:こまめに水分を摂ることで脱水症状を予防できます。スポーツドリンクや経口補水液を適量摂取しましょう。

・温度の適した飲み物を選ぶ:冷たい飲み物はのどに負担をかけることがあるため、ぬるめの飲み物を選ぶのが良いでしょう。

熱中症に効果的な飲み物についてはこちらをご覧ください⇩

まとめ

今回は軽度の熱中症と、熱中症の症状別の対策についてご紹介させていただきました。

熱中症の症状にはそれぞれ適した対策があります。症状が現れた場合は早めに対処し、症状の悪化を防ぎましょう。また、熱中症を予防するためには十分な水分補給や涼しい場所での休息が大切です。

それでも熱中症の症状が落ち着かない、悪化するようであればすぐに医療機関を受診してください。

これから暑い季節。熱中症には十分な注意を払い、健康で快適な夏を過ごしましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。

柔道整復師・鍼灸師 山田祥二

やまだ鍼灸整骨院077-543-5033住所
〒520-2152
滋賀県大津市月輪5丁目16-6


受付時間
月火木金 9:00~20:30
水土   9:00~13:30
日、祝  休診

お問い合わせ
logo

〒520-2152
滋賀県大津市月輪5-16-6
TEL 077-543-5033
FAX 077-543-5033
受付時間 9:00~21:00
     月火木金
     9:00~13:30
     水土
     日、祝  休診

院長ブログ
やまだ鍼灸整骨院

コメント