2月12日(月)、23日(金)は休診いたします。

脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)と腰椎椎間板ヘルニア(ようついついかんばん)の違いについて

院長ブログ

こんにちは。滋賀県大津市月輪のやまだ鍼灸整骨院です。

いつもご覧いただきありがとうございます。

先日、当院に来られている患者様より「最近テレビで腰の痛みは脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)かもしれないって聞いたんですけど、本当ですか?腰椎椎間板ヘルニアと何か違うんですか?」とご質問をいただきました。

そういえば最近、当院でも腰に痛みのある患者さんから脊柱管狭窄症ではないかとのご質問をいただくことが増えた気がします。

以前は腰の痛みといえば”ヘルニア”とお聞きすることがほとんどでした。

脊柱管狭窄症と腰椎椎間板ヘルニア…。名前が長いだけで何が違うのかよくわかりませんね。

この二つ、同じ腰部に関する疾患としてしばしば混同されますが、実際には異なる原因と症状を持っています。

ですので今回、脊柱管狭窄症と腰椎椎間板ヘルニアの違いについてブログを書かせていただきました。

お時間のある時にご覧いただければ幸いです。

※内容の一部に日本整形外科学会の文章を引用しています。

脊柱管狭窄症とは

脊柱管狭窄症とは、背骨の中に空いているトンネル(脊柱管)が背骨の変形や靭帯、椎間板の影響で狭くなり、中を通っている神経(脊髄神経)が圧迫されて血流が悪くなり、痛みやしびれ、筋力低下など引き起こす症状のことをいいます。

脊柱管狭窄症は通常、加齢による脊椎の変化や変性、骨の異常成長などが原因となります。

特に50歳以上の人に多く見られるようになります。

腰椎椎間板ヘルニアとは

腰椎椎間板ヘルニアとは、腰骨(腰椎)の間にあるクッションが仕事やスポーツでの負荷、加齢などにより飛び出してきてしまいます。その飛び出したクッションが神経を圧迫することで血流が悪くなり、痛みやしびれ、筋力低下などを引き起こす症状のことをいいます。

腰椎椎間板ヘルニアは加齢によるものだけでなく、過度のスポーツや労働なども原因となります。

症状について

脊柱管狭窄症の症状

・長く歩けない(間歇性跛行)

・下半身のしびれ

・筋力の低下

脊柱管狭窄症になると長時間歩けなくなります。(間歇性跛行:かんけつせいはこう)途中で前かがみになったり座ると症状が楽になりまた歩けるようになります。

背筋を伸ばしていると太ももの裏〜ひざ裏〜ふくらはぎにかけてしびれが出ます。

脊柱管狭窄症により神経が圧迫されることで、筋肉への信号がうまく行われなくなり、足の力が入りにくくなったり、筋力が低下してしまうこともあります。

安静にしていると症状がほとんどなく、腰痛もあまり強くないことが特徴です。

腰椎椎間板ヘルニアの症状

・腰やお尻の痛み

・下半身のしびれ

・筋力の低下

腰椎椎間板ヘルニアの場合は前かがみ姿勢重いものを持ち上げたりする動作で痛みが強くなることがあります。

腰や臀部(お尻の部分)に痛みや張り感を感いたり、太ももの裏〜ひざ裏〜ふくらはぎにかけてしびれや痛みが出ます。

腰椎椎間板ヘルニアも神経が圧迫されることで筋肉への電気信号がうまく行われなくなり、足の筋肉が動かしにくくなったり、筋力が低下してしまうこともあります。

腰椎椎間板ヘルニアは脊柱管狭窄症と違い、腰やお尻の痛みを伴うことが多いと言われています。

脊柱管狭窄症と腰椎椎間板ヘルニアの違い

両者には次のような違いがあります。

①歩行について

脊柱管狭窄症では持続的な歩行が困難になりますが、前かがみなると症状がやわらぎ、歩くことができます。

腰椎椎間板ヘルニアは歩行時に特定の体勢や動作をしたときに痛みやしびれが出ます。

②腰痛について

脊柱管狭窄症では腰痛が軽度であったり、腰痛を伴わないこともあります。

腰椎椎間板ヘルニアでは比較的強い腰痛や臀部痛を伴います。

③姿勢について

脊柱管狭窄症は前かがみの姿勢(椅子に座る姿勢)をとると症状がやわらぎます。反対に直立姿勢(立ちっぱなし)や背中を反る姿勢になると症状が現れます。

腰椎椎間板ヘルニアは背中を反る姿勢(立ちっぱなし)になると症状がやわらぐのに対し、前かがみ(椅子に座る姿勢)になると症状が現れます。

④発症の年齢

脊柱管狭窄症は50歳以上の方に多くみられるのに対して、腰椎椎間板ヘルニアは年齢に関係なく、スポーツをされる方や過重労働者の方に発生する傾向があります。

当院での治療方法の違い

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症では立っている姿勢や歩いている姿勢でどの筋肉が体を反らせる原因を作ってしまっているのかを確認します。そして、関節の前後左右の動きとゆがみも確認し、鍼灸にてかたくなっている筋肉をやわらかくして、手技により体のバランスを整え脊柱管に負担がかからないように施術を行なっていきます。

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアでは、どのような姿勢や動きで痛みやしびれが強くなるかを確認します。そして、ヘルニアの原因を引き起こしているところに鍼灸にて施術をすることで血流を良くし、症状をやわらげていきます。その後に手技により体のバランスを整え、ヘルニアになりにくい姿勢を作っていきます。

予防について

脊柱管狭窄症と腰椎椎間板ヘルニアは日頃からウォーキングやストレッチなどの軽い運動習慣を続けることで正しい姿勢が保たれ腰のトラブルを予防、症状を緩和することができます。

まとめ

今回はご質問いただいた脊柱管狭窄症と腰椎椎間板ヘルニアの違いについてご紹介させていただきました。

脊柱管狭窄症と腰椎椎間板ヘルニアの特徴を知ることで、焦らずに冷静になることができると思います。

ですが、もし腰に痛みや違和感、しびれがあればお早めに医療機関を受診してみてください。

当院でもご相談・施術を受け付けております。

お電話(0775435033)もしくは下記LINEよりご相談ください。

友だち追加

最後までご覧いただきありがとうございました。

柔道整復師・鍼灸師 山田祥二

やまだ鍼灸整骨院077-543-5033住所
〒520-2152
滋賀県大津市月輪5丁目16-6


受付時間
月火木金 9:00~20:30
水土   9:00~13:30
日、祝  休診

お問い合わせ
logo

〒520-2152
滋賀県大津市月輪5-16-6
TEL 077-543-5033
FAX 077-543-5033
受付時間 9:00~21:00
     月火木金
     9:00~13:30
     水土
     日、祝  休診

院長ブログ
やまだ鍼灸整骨院

コメント