2月12日(月)、23日(金)は休診いたします。

デスクワーク中に襲ってくるつらい首や肩のこり…。その原因、もしかすると”腕(うで)の疲れ”かもしれません。そんな方に必見の腕ストレッチをご紹介

院長ブログ

はじめに

「一日デスクワークをしていると首や肩がこりかたまってつらい」そうお悩みの方はおられませんか?

もしかすると首や肩こりがひどくなり、頭痛や吐き気でお悩みの方もおられるのかもしれません。

こんにちは、滋賀県大津市でやまだ鍼灸整骨院を開業しております山田祥二です。

当院に来られている患者さんでデスクワークで首や肩のこりがひどくなり、つらい思いをされていた方がおられました。

他にも似たような症状でお悩みの方がおられたため、今回ブログを書かせていただきました。

今回のブログでは、デスクワークでの首や肩のこりの原因の一つ”腕(うで)”についてのご説明と、首や肩こりに効果的な腕ストレッチについて書かせていただきました。

もしこちらをご覧のあなたが、同じようにデスクワークで首や肩のこりでお悩みであればお役に立てるかもしれません。

ぜひお時間のある時にリラックスしてご覧ください。

デスクワークで腕を使うと首や肩がこるって本当?

デスクワークで腕が疲れると首や肩がこるのは本当です。

デスクワークをしている時は長い時間同じ姿勢で腕を使い続けること多いです。

例えば、キーボードやマウスを操作したり、書類を扱ったりする際に腕や手の動きが必要です。このような繰り返しの動作や、長い時間同じ姿勢を維持することによって、腕の筋肉や関節に負担がかかります。

腕の筋肉や関節に負担がかかると、その周りの筋肉に影響を及ぼすことがあります。

具体的には、腕の筋肉や関節の疲労や緊張が、肩の周辺の筋肉に広がり、首や肩のこりを引き起こす可能性があります。特に腕の上の部分や背中の筋肉が硬くなってしまうことで血液の循環が悪くなり、首や肩に疲労感やこりが生じます。

したがって、デスクワークによる腕の疲れや負担は、首や肩こりの原因となり得ます。腕の疲労が持続すると、首や肩こりの症状が進行することもあります。ですので、デスクワークを行う際にはなるべく腕に疲労を残さないようにすることが大切になります。

適度な休憩や正しい姿勢を心がけることで腕の負担をやわらげることができます。そして、何より腕のストレッチをすることが首や肩の負担を軽減する対策の中でとても重要です。

首や肩のこりがひどくなってしまった時に出る症状

・頭痛

・めまい

・吐き気

・倦怠感

・耳鳴りなど、さまざまな症状を引き起こします。ですので、肩や首のこりを感じたら、なるべく早めに対処しましょう。

デスクワーク中に襲ってくるつらい首や肩のこりを腕ストレッチで撃退する方法

手順1:胸の前で手のひらを合わせます。

手順2:そのまま180°回転させ、指が下を向くようにします。

手順3:両手をしっかりと合わせたまま、手首を上に上げていきます。

    手が離れそうになる手前で止めてください。

手順4:その状態で、頭をゆっくり上下左右に動かします。

    動かす際に上を向いたときに一度深呼吸、下、左右向いた時も一度深呼吸してください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はデスクワーク中に襲ってくるつらい首や肩のこりを腕ストレッチにて撃退する方法についてご紹介しました。

手を合わせて伸ばし、頭を動かすことで首や肩の筋肉がやわらかくなります。まずは一週間、ストレッチを続けてみてください。ストレッチをする前よりも首が動きやすくなり、筋肉もやわらかくなるはずです。

もし続けてみても一向に効果を感じられない場合は他に原因があるかもしれません。

そんな時は無理をせず、一度ご相談いただければと思います。

ご相談、ご予約はこちら↓からお気軽にご連絡ください。

友だち追加

今回のブログがデスクワークで首や肩のこりでお悩みの方のお役に立てれば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

柔道整復師・鍼灸師 山田祥二

やまだ鍼灸整骨院077-543-5033住所
〒520-2152
滋賀県大津市月輪5丁目16-6


受付時間
月火木金 9:00~20:30
水土   9:00~13:30
日、祝  休診

お問い合わせ
logo

〒520-2152
滋賀県大津市月輪5-16-6
TEL 077-543-5033
FAX 077-543-5033
受付時間 9:00~21:00
     月火木金
     9:00~13:30
     水土
     日、祝  休診

院長ブログ
やまだ鍼灸整骨院

コメント