2月12日(月)、23日(金)は休診いたします。

夏の偏頭痛でお悩みの方に。原因と対策を徹底解説〜暑い季節でも健康に過ごすポイント〜

院長ブログ

はじめに

こんにちは。滋賀県大津市でやまだ鍼灸整骨院を開業しております山田祥二です。

徐々に気温も上がり、暑い夏が近づいてきましたね。

そんな暑い時期に起こりやすい偏頭痛はご存知ですか?

偏頭痛と聞くと季節の変わり目や台風の前というイメージを持たれる方が多いかもしれません。実は、夏になると偏頭痛が頻繁に起きる方がおられます。

なぜ気温が安定した夏場に偏頭痛が起きるのでしょうか。

今回は、夏場にに偏頭痛が起きやすい原因や自覚症状、対策について書かせていただきました。

もし夏場の偏頭痛でお悩みであれば、ぜひお時間のある時にゆっくりご覧ください。

夏に偏頭痛が起きやすい原因

気温と湿度

夏の暑さや蒸し暑さによって体温調節が難しくなり、偏頭痛の発作を引き起こす可能性があります。体内の温度変化に敏感な方は、特に注意が必要です。

太陽光や強い光

 強い日差しや明るい光は、偏頭痛のトリガーになることがあります。日差しがあるところで目の奥が痛む、目眩を感じる、目がかすんで見えるなどの症状が出る方は光に過敏である可能性があります。

偏食や食事の変化

 夏は暑さから食欲が減退することがあり、食事のバランスが崩れることがあります。偏食や食事の変化も偏頭痛を引き起こす可能性があるとされています。

睡眠不足や生活の乱れ

 夏は夜更かしする機会が増えることがあり、睡眠不足や生活の乱れが偏頭痛を引き起こす要因になります。

偏頭痛になる前に起こること

偏頭痛になる前に現れる症状のことを前駆(ぜんく)症状といいます。

前駆症状は、発作が始まる前に現れる一連の身体的・感覚的な変化であり、以下のような症状が挙げられます。

前兆(オーラ)

一部の人には、頭痛発作の前に視覚的な変化や知覚の異常を感じる「オーラ」が現れることがあります。例としては、閃光や点滅、視界の歪み、色彩の変化などが挙げられます。

疲労感

前駆症状として、体がだるく感じることがあります。特に、頭痛の発作が近づく際に疲労感が増すことがあります。

過敏症状

光や音、においなどに対して敏感になることがあります。例えば、明るい光を見ると頭痛が増す、騒音に弱くなる、においに敏感になるなどが挙げられます。

不安や気分の変化

前駆症状として、不安感やイライラ感が現れることがあります。気分が急変しやすいと感じることもあります。

首や肩のこり

偏頭痛の前駆症状として、首や肩のこりや緊張が現れることがあります。これが後に頭痛を引き起こすこともあります。

ただし、個人差があり、必ずしもすべての症状が現れるわけではありません。

偏頭痛の原因に対しての対策

気温や湿度

夏場は屋内で冷房を入れるため、屋外の温度差が大きくなってしまいます。仕事やお出かけの際にどうしても外気に晒される場合、濡らしたタオルやハンカチ、ひんやりするシートを首元に巻くことで、急な温度変化に左右されにくくなります。

スポーツ用品店などで売っている”氷のう”もとても効果的です。

太陽光や強い光

強い日差しや明るい光は、偏頭痛のトリガーになるため、外出の際に帽子やサングラス、日傘などを活用して光の刺激を軽減することで、偏頭痛の発作を防ぐことができます。

一日の目の疲れはお風呂でお湯につけて絞ったタオルを目に当てることで解消できますので、ぜひお試しください。

偏食や食事の変化

夏場に食欲が減退してしまうと栄養のバランスが偏ってしまいます。そんな時は食事をいつもより小分けにしてみたり、フルーツやサラダなどさっぱりしたものを選んでみてはいかがでしょうか。

サラダやフルーツ、スープなどは消化もしやすいため、夏場の栄養補給におすすめです。

睡眠不足や生活の乱れ

夏場はついつい夜更かしをしてしまう事があります。ですので、「この時間には布団に入る」と決めてみてはいかがでしょうか。

十分な睡眠をとることで、偏頭痛の予防になります。

その他、こまめな水分補給で体内の水分バランスを整えたり、お菓子がわりにナッツ類を食べることでマグネシウムやビタミンBが補給できて偏頭痛の予防になります。

まとめ

夏場は気温や湿度の上昇、強い日差しによって偏頭痛が起きやすい季節です。気候の変化や生活スタイルの乱れに敏感な方は特に注意が必要です。頭痛や光過敏、吐き気などの自覚症状がある場合は、適切な対策をしてみてください。

適切な水分補給や日差し対策、健康的な食事、規則正しい生活リズムを心掛けることで、夏の偏頭痛を予防することができます。

自分の体に合った予防対策を見つけ、長い夏を乗り切りましょう。

もし、対策を一週間ほど続けてみても偏頭痛になってしまったり、なりそうで不安であれば一度お近くの治療院にご相談ください。

当院でもお電話やLINEにてご相談を承っております。

ご相談用LINEはこちら↓

友だち追加

このブログが偏頭痛でお悩みの方のお力になれれば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

柔道整復師・鍼灸師 山田祥二

やまだ鍼灸整骨院077-543-5033住所
〒520-2152
滋賀県大津市月輪5丁目16-6


受付時間
月火木金 9:00~20:30
水土   9:00~13:30
日、祝  休診

お問い合わせ
logo

〒520-2152
滋賀県大津市月輪5-16-6
TEL 077-543-5033
FAX 077-543-5033
受付時間 9:00~21:00
     月火木金
     9:00~13:30
     水土
     日、祝  休診

院長ブログ
やまだ鍼灸整骨院

コメント